生命を頂く

僕たちが何気なく食べている『お肉』について考えたことはありますか?
スーパーで売られている『お肉』は一切れひときれ、生きた動物たちが捌かれています。

当店で提供している『鹿肉(もみじ)』もそうです!20151121_01

 

1/24(日)に、仕入れ先の(有)田舎暮らしさんと共に鹿狩りに行ってきました。
狩猟期間ということもあり、4人の猟師さん協力のもと同行させていただきました。

一つの山を4グループに分かれて囲み、追い役と待ち役に分かれ、追い役が山の上から猟犬を放すことで鹿たちを動かします。
そして、待ち受けた猟師さんが現れた鹿を猟銃で撃ちます。1

移動中、猟銃を撃つ時は、必ず斜面に向かって撃つ。
(空に向かって撃つと、遠くまで行った弾が誰かに当たる可能性があるため)
また、ライフルを扱うまでには10年以上かかる(それまでは散弾銃)など,
色々と規制が厳しいことを教えていただきました。

猟師さんのチームプレーによって、
目の前で鹿が撃たれる光景を見ることが出来ました。

イメージは出来ていましたが、衝撃的でした…
逃げ回っていた鹿が撃たれ、
苦しそうにしている状態で、血抜きと内臓摘出される光景は

心が痛かったです…
(※動画・写真を撮りましたが、ここでは写真のアップを控えさせていただきます。)
ご興味のある方は、当店で直接お伝えくださいm(_ _)m

鹿肉を扱うのを止めようかなと戸惑いました。
しかし、普段食べている『お肉』も同じだと考えると
こういう体験をすることで、
「より一層『食べ物』に感謝しないといけない」
という気持ちが強くなりました。

「知っている」と「経験する」の違いですね。

「生命を頂く」
日頃からこの気持ちを持ちたいと思います。
そして、『鹿狩り』をひとりでも多くの方に体験して欲しいです。
毎年、Spoonの恒例行事にしようと思います!

最後は、新鮮な『お肉』を美味しくいただきました(^人^)3

 

こだわり食材を通じて地域の発信と
一歩踏み出せるカフェ&バル
【Spoon ~for loves of cafe & bar~】

投稿者: ゆーさく

姫路市にあるカフェ&バルSpoonを経営しています。 『繋がり』を大切にし、こだわりの食材を通じて、魅力的な地域を発信をしています! また、お客様の『想い』を実現できる場所としても提供しております。 どうぞ、宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です